失敗しない復縁メールの書き方


TOP > 復縁できるメール術 > 失敗しない復縁メールの書き方

失敗しない復縁メールの書き方

この記事をはてなブックマークに追加

恋人と別れてしまったけれど、やっぱりヨリを戻したい。
その気持ちが少しでもあるのなら、迷わず復縁に向けて進みましょう。

復縁を成功させるために、まずあなたがやるべきこと。
それは、別れた恋人への復縁メール。

あなたの復縁したいという気持ちを相手にさりげなく伝えて、
相手をその気にさせる、それが復縁メールです。

メールは相手の都合も気にせず送ることができるので、
とりあえず送れば相手はよほどのことがない限り読んでくれます。

あなたの気持ちをいちばん早く正確に伝えられるのが、
メールのいいところです。

ただ、メールは一方通行なコミュニケーションなので 、
あなたの送ったメール文が相手にまちがった解釈をされてしまうと、
話がこじれて、復縁できないという結果を招いてしまうこともあるので
注意が必要です。

では、失敗しない復縁メールの書き方をお教えしますね。

復縁メールの書き方で注意しなければならないいくつかのポイントがあります。

●自分の気持ちを押し付けないこと
●復縁したい気持ちを出さないこと
●重い内容は避け、軽い内容にすること

復縁メールの書き方として、
第一ステップの目的は相手とつながることです。

いきなり

「忘れられない」
「やっぱりまだ愛している」
「もう一度やり直したい」

などとストレートにあなたの気持ちを押しつけると、
相手は一気に冷めてしまいます。

ですから、最初はできるだけ軽めにサラッとした
内容のものにしてください。

たとえば、

「久しぶり~、 元気にしてる? こないだ体調悪そうだったけど、
無理してないかな? 仕事は相変わらず忙しいの?こっちは最近、
落ち着いてるよ! そういえば、●●●さん、今度引っ越しするらしいよね。
知ってた?」

このメールだと、気持ちの押しつけ感はまったくありませんが、
相手の体調や多忙さを心配していることで、相手を思っている
感じがさりげなく伝わります。

また、共通の知人の話題を出すことで、会話を続きやすくしています。

最後を疑問系で終わることで、相手も返信しなければという義務感が
働きますので、返信の確率が高くなりますね。

復縁メールの書き方をしっかり頭に入れて、
あなたの存在を相手に印象づけるメールを書いてくださいね。


⇒元彼とよりを戻す方法が知りたい方はこちら

⇒元カノとよりを戻す方法が知りたい方はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

男性限定 元カノと寄りを戻す方法はこちら
女性限定 元彼と寄りを戻す方法はこちら
グッドスリープはあな

たの眠りを助けます。

復縁する方法

復縁できるメール術

よりを戻す極意

復縁アドバイザー浅海とは

女性専用アドバイス

男性専用アドバイス

復縁マニュアル

復縁マニュアルとは





ページトップへ