復縁のための冷却期間


TOP > 復縁する方法 > 復縁のための冷却期間

復縁のための冷却期間

この記事をはてなブックマークに追加

復縁を考える際、別れた直後に相手にアプローチするのは
NGなんでしょうか。

復縁したい、という気持ちになったら、 一日でも早く、
その思いを相手に伝えなければ・・・ と、焦りますよね。

でも、復縁の行動にでる前に、
まず「一定の日にちを空けた方が良い」という話しをよく聞きます。

復縁を真剣に考えていたAさんは、

「別れた後は、お互いの冷却期間を3週間から1ヶ月はおいたほうがよい」

と恋愛相談でアドバイスされたそうです。

そして、ひたすら1ヶ月が過ぎるのを待ったそうです。

そしていざ、1ヶ月後に元恋人に連絡をとったら、
「早くお互いを忘れるためにもう連絡するのはやめよう」と
いとも簡単に断わられてしまいました。

Aさんは復縁のために一ヶ月の期間我慢して、
やっとの思いで元恋人に連絡をしたのに、 そんな哀れな結果になってしまい、
相当落ち込んだようです。

さて、Aさんの何がいけなかったのか、わかりますか?

Aさんは、元恋人との復縁のために、期間を置くことをきちんと守りました。

しかし、Aさんは、ただボーッと1ヶ月が過ぎるのを待っていただけで、
この復縁までの期間にやるべきことをきちんとやっていなかったのです。

復縁のために冷却期間をおくことが重要なのは確かです。

でも、この期間というのは、
ただ単に日にちが経過すればいいというものではありません。

復縁までの冷却期間の1ヶ月に、やるべきことがたくさんあるのです。

自分自身を、成長させ、元恋人と別れた時よりも進化させること。

別れの事実を受け止め、気持ちの整理をして
前向きに生きて行くことはもちろんですが、
そこに外見的な変化もプラスさせたいものです。

冷却期間のあいだに、相手も気持ちを落ち着かせることができ、
冷静に考えられるようになります。

別れた時の嫌悪感など感情的になっていた部分が薄れてくるのです。

そして、あなたという恋人と別れて一人になった喪失感を
じわじわと感じるようになってきます。

そんな時に、以前より、精神的にも外見的にも魅力的なあなたを見て、
相手はあなたに新しい興味を覚えます。

そこが、重要なポイントなんです。

1ヶ月の期間をおいて、復縁のために連絡して実際に会うことができたとしても、
そこに、 以前と同じあなたがいたら、相手だって、
また別れた直後の気分に逆戻りしてしまいます。

本当に、元恋人とやり直したいと真剣に復縁を望むなら、
1ヶ月の冷却期間のあいだにしっかりと自分自身を成長させ、
魅力的に生まれ変わって元恋人に見せつけてやりましょうね!


⇒元彼とよりを戻す方法が知りたい方はこちら

⇒元カノとよりを戻す方法が知りたい方はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

男性限定 元カノと寄りを戻す方法はこちら
女性限定 元彼と寄りを戻す方法はこちら
グッドスリープはあな

たの眠りを助けます。

復縁する方法

復縁できるメール術

よりを戻す極意

復縁アドバイザー浅海とは

女性専用アドバイス

男性専用アドバイス

復縁マニュアル

復縁マニュアルとは





ページトップへ