別れてしまった恋人とよりを戻す言葉


TOP > よりを戻すためための極意 > 別れてしまった恋人とよりを戻す言葉

別れてしまった恋人とよりを戻す言葉

この記事をはてなブックマークに追加

別れた恋人のことがまだ好きだったら、「よりを戻したい」、
「もう一度しあわせな日々を送りたい」と思いますよね。
その場合、あなたの復縁したい気持ちを相手に伝えなければなりません。

でも、別れだばかりの相手にいきなり「やり直したい」
と言うのはとても難しいことですし、無謀ともいえます。

別れに至るには、それなりの理由があったはずです。
そして、別れるにはお互いに相当の体力・気力を消耗しています。

そんな大変な思いをして別れる結論に至ったのに、
「やっぱりあなたがいい」というのも、 ちょっと勝手がよすぎるのでは?
とも思ってしまいますよね。

別れを切り出したのがあなたなのか、相手なのかにもよりますが、
別れた恋人とよりを戻す言葉にはかなりの気を遣う必要があります。

では、よりを戻す言葉を考える際、どんなことに気をつけたらよいのでしょう。

普通、よりを戻す言葉として考えがちなのは、別れた原因や理由から
でるこんな言葉。

「あの時、私がもっとこうしていれば別れずにすんだかも」
「あなたへの理解が足りなかった」
「今はとても反省している、今度はうまくやっていける気がする」
「やっぱり私にはあなたが必要」

という感じで、自分の気持ちばかりを押し売りすること。
このパターンは、よりを戻す言葉としては最悪です。

あなたの中では復縁の気持ちが盛り上がっていても、
相手もそうとは限りません。 相手にまだ復縁の気持ちが
芽生えていないところに、こんな言葉をぶちまけてしまったら、
相手はあなたのことをますます敬遠してしまいます。

ですから、別れた恋人とよりを戻す言葉は、慎重に吟味しなければなりません。

復縁したいから、なんとかして相手を理解しているという
姿勢を見せなければ・・・と、 焦る気持ちがあると、言葉に無理が生じてしまうもの。

ここはひとつ開き直って、ダメでもともと、うまく行けばラッキー、
ぐらいの軽いノリでいくことも大切です。

自然体になれれば、言葉もより自然になります。

具体的にどんな言葉を送ったらいいかは二人の別れた
原因や理由、状況などによってかわってきます。

これを言えば確実に復縁!という魔法の言葉は存在しないのです。

よりを戻す言葉は、あなた自身の今の気持ちから
自然に出てくるものでなければ効果はありません。

ただひとつ言えることは、相手から返信がきたら、
相手の言葉に同調すること。「私もそう思う」
「あなたの考えはもっともだ」と意見に同調すること。

これで、相手にも連帯意識、仲間意識が少なからず芽生えます。

そして焦らず、少しずつ相手のペースにあわせていくことで、
いつしかお互いの間にある種の信頼感が出てくるのです。

そこまでくれば、あとは復縁の道をまっしぐら!
きっとまた、いい関係が築けていけますよ!


⇒元彼とよりを戻す方法が知りたい方はこちら

⇒元カノとよりを戻す方法が知りたい方はこちら


この記事をはてなブックマークに追加

男性限定 元カノと寄りを戻す方法はこちら
女性限定 元彼と寄りを戻す方法はこちら
グッドスリープはあな

たの眠りを助けます。

復縁する方法

復縁できるメール術

よりを戻す極意

復縁アドバイザー浅海とは

女性専用アドバイス

男性専用アドバイス

復縁マニュアル

復縁マニュアルとは





ページトップへ